福岡・北九州|ヘルニア(そけい・臍・腹壁)・胆石症・胆嚢ポリープの日帰り手術を中心としたクリニック

Home > 胆石症・胆嚢ホリープ

胆石症の症状は…
卵を食べた後や脂っこい食事をした後のみぞおちや右肋骨の下の鋭い痛みが代表的ですが、まったく痛みのない場合(無症状胆石)、右の肩こりや背中の張りや痛みだけの場合、食後のむかつきや胃のもたれ・食欲不振のためずっと胃が悪いと思っていた場合もあります。

どのように治療するのでしょうか?

以前は胆石溶解療法や破砕療法などの内科的治療がありましたが、不確実で時間もかかるため、現在の標準療法は「腹腔鏡下胆のう摘出術です」この方法ではおなかに10mm の穴を1箇所、2~5mmの穴を2箇所にあけ、5mmのスコープ(腹腔鏡)を入れ、中の様子をテレビモニターで見ながら胆嚢を取り出す方法です。
おなかを切らないため痛みも少なく早期回復が可能で、傷痕もほとんど残りません。